全国展開支援事業

支援内容

(1)特産品開発・観光資源開発及びその販路開拓

・本体事業 商工会・商工会議所等が、小規模事業者等と協力して行う、地域の資源(農水産品、文化、技術、産業など。以下同じ。)を活用した特産品開発や販路開拓など、国内のマーケットを狙った新事業展開を幅広く支援します。 ・調査研究事業 本体事業の計画立案に係る調査研究事業に対し支援します。 ・地域の魅力でおもてなし事業 地域の資源を活用した複数の特産品、観光資源等を束ねて一定期間に集中的に行う新たな集客型の販路開拓又は普及に関する事業に対し支援します。

(2)商品開発・販路開拓支援のための専門家派遣

百貨店のバイヤーなどの専門家をアドバイザーとして商工会・商工会議所に派遣。各地の小規模事業者等が行う商品開発や販路開拓を支援します。

(3)商談・展示会

全国の百貨店のバイヤーや流通業者の担当者等を招いて、各地で開発された特産品等を一堂に会した商談・展示会を開催。商品等の情報提供や消費者ニーズの調査など、販路開拓を支援します。

昭和村商工会における全国展開支援事業計画

目的

昭和村の魅力を発信するために、地域資源を有効活用し、昭和村を「知ってもらう」「来てもらう」「体験してもらう」「買ってもらう」「感じてもらう」「好きになってもらう」「また来てもらう」という継続的な仕掛けづくりを行っていく。

平成26年度の地域内資金循環新事業開発検討事業、平成27年度全国展開支援事業調査研究で行った調査結果をもとに、森林・スポーツエリアの確立を目指し、「森林・スポーツエリア推進協議会(仮称)」を設立し、活動の拠点となるエリアを確立し、参画事業者の持つ資源の共有利用と連携強化を進め、昭和村の持つ魅力の増大と特色ある地域づくりを推進する。

また、地域の農畜産物等を活用した特産品を開発し、来村者等への提供を通じて昭和村の農と食、スポーツと健康をアピールし、交流人口増加による地域活性化と経済発展につなげていくことを目的とする。

本体事業1年目事業計画書
PDF型式、14ページ
ファイルサイズ:873KB
目標

(1)組織づくり「森林・スポーツエリア推進協議会(仮称)」を設立

平成28年10月までに設立することを目標

(2)森林・スポーツエリアの有効活用

  1. 遊歩道の整備と運用開始及び活用方法の検討と赤城登山道との連携 本年度中に整備を終了させ、平成29年4月に運用開始を目標
  2. 森林整備と林業の活性化、森林エリアの有効活用の取り組み 関係機関、団体等と連携し事業を実施 年3回実施を目標

(3)各種イベントの検討と実験的事業の実施

  1. トラクターイベントの研究と検討 農業者、関係者と検討 平成28年10月までに方向性を決定
  2. あぐりーむ神社の建立と安全祈願祭 道の駅あぐりーむ内に神社建立 平成28年4月29日予定 活用方法を検討
  3. イルミネーションイベント 平成28年12月に実施予定

(4)特産品開発

地元食材を活用した特産品開発1品以上を試作し、平成29年4月以降、地域内の参画事業所で提供できるよう体制を整備する。

(5)その他

委員会等で計画、実行、評価、改善を徹底し、より良い事業推進を図る。

 

【平成28年度 小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業】